タグ:植物 ( 29 ) タグの人気記事
百日紅(さるすべり)
a0102794_0163245.jpg

散れば咲き 散れば咲きして 百日紅 (加賀千代女)


だんだん百日紅が好きになってきた。咲き散った枝先ににょきにょきもくもく無計画に(?)花芽を継ぎ伸ばしながら一夏を咲き通す逞しさが。ロケット花火みたいで昔はいいと思えなかったその奔放な枝振りも今はいっそ小気味いい。うちには百日紅の木はないので、もっぱらお隣のや散歩中に眺めている。

カンナが終わり、今は珊瑚花、鉄砲百合、マンデビラが咲いている。ハイビスカスは蕾をつけている。いつのまにか入道雲の空に秋の雲が入り込んでいる。用水路でアオサギを見かける。朝夕の散歩中に見かけたアカテガニたちは無事放仔しただろうか。
[PR]
by saltyspeedy | 2012-08-18 01:40 | 花・植物
花腐し
はがれかけのかさぶたのように地べたに薄茶色く貼りつき、乾きつつあった八重桜の花びらに、雨は容赦なく打ちつけ、その大半を流し去った。この雨があがるとまたどこかの吹き溜まりで同じことが繰り返される。乾き、飛ばされ、吹き溜まる。あるいは掃き集められゴミとなって焼却され、あるいはふたたび土に還って花を咲かせる。
生体が持つエネルギーは失われ、やがて腐って無くなってしまうかに思われるが、それは姿を変えるだけ。ゼロにはならない。

a0102794_10362549.jpg

a0102794_10362021.jpg

a0102794_10373376.jpg
今咲いているジャーマンアイリスとムスカリ。
Todo se transforma.
[PR]
by saltyspeedy | 2012-05-03 22:18 | よしなしごと
永久翻訳?
新しいiMacが来て一週間。
十年来のクラッシック人間はいまだカルチャーショックの渦中にある。
一方、Hさんは戸惑うことなくごく普通に扱っているように見える。
昨日は「Google翻訳」を試していた。

私も「永久翻訳」と称してちょっと遊んでみた。
単に「Google翻訳」で和英→英和をどんどん繰り返していくだけなのだが、
伝言ゲームのように内容が微妙に変化していく。

a0102794_190934.jpg

a0102794_950671.jpg

まずはテキストを用意する。

ザクロの実は愛らしい釣り人。
ひそかにアロエの花を釣り上げたいと望んでいる。
「ああ、なのに。電線が邪魔をして、もう少しなのに届かない」

アロエの花は願っている。
「できることなら私をここから引っぱりあげて、月まで連れて行って。
 昨夜、東の空に、あなたみたいにまん丸い、白く凍てついた月が
 張り付いていたのです」

     ↓

※翻訳1回目でいきなり挫折。「釣り上げたい」がどうしても「釣Ri上Getai」となってしまう。
そのため「釣り上げたいと」を「釣り上げることを」(直訳)にして試みた。

Fruit of the pomegranate adorable angler.
Are hoping to raise a flower of the aloe in secret.
"Oh, Nevertheless. Reach but a little disturbed by the wire."
Hope aloe flowers.
"Pull me from here if possible, want to take you to the moon.
Last night, you were perfectly circular, as in the eastern sky, I was sticking white icy moon. "


     ↓

翻訳の続き
[PR]
by saltyspeedy | 2011-12-10 18:16 | よしなしごと
写真教室に行った
マンネリズム【mannerism】
常に同じ技巧だけを繰り返して独創的な進歩発展を求めないこと。くせになった技巧。
(「広辞林」第六版より)

このところ写真を撮ってもいまひとつぴんとこないし、まとまった文章も書けず、ブログの更新が滞っています。頭の中が常にとっちらかってまとまらず、気持ちばかり焦っている状態。一体どうしたらいいんでしょうかね?
a0102794_1226871.jpg
写真教室に行ってきたのです。大切なのはやっぱり気持ちの問題なのですね。。
上のカラー(花)の写真はその時に写したもので、COOLPIX P90の望遠側でピンぼけと格闘しているうちに、なんとなく「ここかな〜」という距離を発見した一枚です。

まあ、ぴんとこないなら、文章が書けないなら、ブログなんて無理に続ける必要なんてないのだし、ぴんとこなくてもぴんとこないなりに続けていればある時突然ぴんとくるようになるかもしれないし・・・もっと気楽に考えることにしよう。。

続きを読む
[PR]
by saltyspeedy | 2010-11-12 23:59
10/4 くりはま花の国さんぽ・前編
Hさんは今朝(といっても10/4のことですが)、修学旅行で日光へ旅立って行った。海でスピを走らせて、さてこれからどうしよう? フェリーに乗って房総に行くのはどうかな。でも、あいにく雨がポツポツ降りだして・・・ 
a0102794_2142195.jpg
で、「くりはま花の国」へやって来たわけです。「はなのくに」花壇の前で記念撮影。

続きを読む
[PR]
by saltyspeedy | 2010-10-04 23:57 | ぐるりのこと
夏の気配
晴れた。子ども手当ての書類を提出し、そのまま新しく舗装され道幅も広くなった畑の中の道を散歩。今までは対向車が来ると路肩(畑の泥の中)に避けてやりすごさなくてはならず、車の左側がドロドロになっていたのだ。広くきれいになったのはうれしい。
a0102794_22566.jpg
    笑っている横顔。のような雲。

a0102794_2274531.jpg
    ずんずん歩いていったら小松ヶ池に出た。池のぐるりは涼しい。
    スピはボー、ボーというウシガエルの声にしきりと首をかしげている。

a0102794_2283815.jpg
    線路沿いの路を行く。

a0102794_22263243.jpg
    あれ。なんだろ?
    …と思ったら

a0102794_8435163.jpg
    冬の間お化けのようだったアメリカデイゴの並木が見事に花をつけていたんだ。

    家のまわりをアカテガニがうろちょろしはじめ、
    畑ではスイカやトウモロコシがちいさな実を結んでいて、
    海の家ももうじき完成。
    ああ今年もまた夏がやって来るんだなあ。
[PR]
by saltyspeedy | 2010-06-22 23:49
紫陽花、咲き始め
a0102794_2356866.jpg
    去年だめだったうちの紫陽花。今年は花芽が多いみたいだ。
[PR]
by saltyspeedy | 2010-06-08 23:54 | 花・植物
菫程な小さき人に生まれたし
a0102794_836562.jpg
「土筆程な・・・」 箱庭のなかに跳び込んで、

a0102794_8362934.jpg
「天人唐草程な・・・」 花弁にたまった朝露で顔を洗って、
(※オオイヌノフグリは別名を瑠璃唐草、天人唐草、星の瞳などと言う)

a0102794_836427.jpg
「薇(ぜんまい)?程な・・・」 あのうぶげみたいなふわふわで拭いたら、さぞ気持ちよかろう。

a0102794_837273.jpg
あの虫になって花のみつを吸ってみたいものだねえ。 (↑photo by Hさん)

「菫程な 小さき人に 生れたし」は漱石39歳の時の句だそう。
あらまあ今の私と同い歳ではないか・・・とさりげなくカミングアウト(笑)
そうそう。そうだよねえ。私もそう思う。
でも、39歳の漱石がそう思った背景と、ぼんくらな私が単純にそう思うのとは、
決定的に何かが違うんだな。

ドッグランの柵の外側の、小さな世界。
[PR]
by saltyspeedy | 2010-03-20 20:35 | 花・植物
はまだいこん

 
  あさ
   
    
     なひは
      
      がす
       のちの 
        くらみを
 
         がす
          ちずな
           びびとを

らさら
 よそよ
  らうらの

   
    のまにまに
     しぎな
      
       
        すかな

どりの
 ぶやく
  はい
   

    れだけ
     くえん
      
       やなす
        

a0102794_9175914.jpg

[PR]
by saltyspeedy | 2010-03-08 09:12 | ぐるりのこと
彼岸花
a0102794_2315987.jpg
a0102794_23144852.jpg
日曜日、夕方の散歩で。浜の裏路地で彼岸花がやわらかい夕日を浴びていました。天気に恵まれた連休の一日、夏に戻ったかのように海に入って遊んでいる人たちも多かった。けれども一歩裏路地へ足を踏み入れると季節は後戻りすることなく確実に進んでいて、その確かさをとても頼もしく感じる。夕日が水平線に近づくと富士山の輪郭がだんだんハッキリしてくる。夕日が沈む位置も確実に富士山から遠ざかりつつある。これもまた確かなこと。

a0102794_0363727.jpg
これからまた日暮れ前に家に帰り着きたいYと残照までねばりたい私の攻防がはじまる。
[PR]
by saltyspeedy | 2009-09-20 23:13 | 花・植物