ヤガラと夕映え
a0102794_0254774.jpg
尾根の薮道をたどるのは、蚤になってけものの背中に分け入っていく気分だ。
a0102794_026645.jpg
この夕映えが見たくて、久方ぶりにやって来たのだった。
a0102794_0392178.jpg
ズームして浮島現象を確認。
a0102794_0393364.jpg
名もなき草のあはれなる・・・


a0102794_1485557.jpg

このところずっとバタバタと慌ただしく、写真を撮る気もおこらなかったし、魚をおろして食べる気もおこらなかった。今日は久しぶりにヤガラを2匹買ってきて、おさしみと天ぷらにして食べた。Hさんが「たまには天ぷらもいいね!」と言っていた。いいかげんな母ですまぬ。天つゆも作ったが、彼女は塩で食べる。うちでは天つゆ(と塩)で食べるのは私だけ。

天ぷらを作るといつも多くなりすぎるので、今日はほんの少しにしたらちょうどよかった。ヤガラ、えび、ささみ、ピーマン、しめじ(ひらたけ)、じゃがいも。このごろなんでもすぐに忘れてしまうので覚え書き。
[PR]
# by saltyspeedy | 2012-12-14 01:54 | ぐるりのこと
猟犬の血
朝の散歩で海へ行く途中、道の端でウンチングスタイル(死語?)をとっていたアリシャがいきなり匍匐前進したかと思うと、電光石火の早業で薮へと突進した。瞬間、「キーキーキーキー」というただならぬ鳴き声がして、ウンチ拾いもそこそこに慌ててリードを引いてやめさせると、ジタバタ抵抗しヒンヒンごにょごにょ不平を訴えはしたものの、諦めてお座りした。

枯れ葉の中に薄茶色した小さな頭が見えた。てっきり雀の子かと思ったが、近づいて目を凝らすと小さなネズミであった。二十日鼠であろうか、可愛らしい顔をやや斜め上に向けじっと目をつぶったまま動かない。死んでしまったかな?と足先で周囲の枯れ葉をゴソゴソやると、つぶらな瞳をぱっと開いて身をひるがえし、するすると藪の中に消えていった。体よりも尻尾のほうが長かった。

仮死状態だったのか死んだふりをしていたのかわからないが、殺生せずにすんだのはよかった。しかし、アリシャの中に流れている猟犬の血について、はたと考えてしまう出来事だった。
a0102794_8741.jpg
このところ近くの川で毎日遭遇するアオサギがいる。通常は単独で行動しているが、時々2羽でいることもある。アリシャはアオサギにも興味津々で、ガードレールの隙間に頭を突っ込んで川を覗き込むため、いつも頭頂部の黒い毛が粉をかぶったように白くなってしまう。最初のうちアオサギは、こちらの気配を感じるやバッサバッサと飛び立っていったものだが、追いかけて来ないと悟ったのかしだいに行動が大胆になってきた。

昨日などは、飛びたったと思ったらすぐ目の前の公園に降りてきて、草地でゆうゆうと虫かなんか食べていた。大きい鳥だから、羽ばたいて飛び立つのも、着地してのっそり歩くのもまるでスローモーションのようで、それを目の前でやられるものだから、アリシャは地団駄踏んでいた。視線を外そうと色々試みても、いったんロックオンされてしまうとその場ではどうにも無理なので、早々に立ち去るよりない。鳥には無関心なスピだって、アオサギにこのように挑発的にふるまわれたらただではいられない。

猟犬(特にイングリッシュセターのようなバリバリの実猟犬)を家庭犬として飼うことに、なんとなく申し訳ないようなもやもやとしたわだかまりを感じてしまう瞬間がある。
[PR]
# by saltyspeedy | 2012-10-18 11:14 | アリシャ
農道散歩
a0102794_18124956.jpg

a0102794_18123757.jpg
この日初めて歩いた道は、このまま民家の庭先にでも行き着くのじゃないかと心細くなりはじめた頃合にいきなり視界が開けた。

農道散歩は動物的勘を養う能動散歩でもあるということ。
[PR]
# by saltyspeedy | 2012-09-13 17:55 | ぐるりのこと
アリシャ・初めての家族旅行
早いものでアリシャがうちに来て4ヶ月になります。
このところ珍しく仕事が重なっていつにも増して余力がなく、例のごとくブログをほったらかしにしておりました。その間の出来事です。

a0102794_1123523.jpg
8月の終わりに伊豆高原の一碧湖へ、アリシャにとっては初の家族旅行に行ってきました。

a0102794_11262515.jpg
ペンションのドッグランにて。 れれ??

a0102794_11284235.jpg
スピとアリシャはこっちでした。では、先ほどの方々は?

a0102794_11293433.jpg
今回もお世話になったペンション 犬の家に今年仲間入りしたヌビアン種の山羊、カリンバさん(左、♂)とバオバブさん(右、♀)。アフリカ原産でヨーロッパでは広く飼われている種ですが、日本ではとても珍しいのだそうです。「よろしく〜」

a0102794_11531852.jpg
こちらもニューフェイス、名古屋コーチンのモーニングさん。

a0102794_11492050.jpg
アリシャはモーニングさんに興味津々でした(現在名古屋コーチンは3羽に増えているようです)。

犬友の皆さん!こちらのお宿は自家栽培の有機野菜や伊豆の魚介を使った石窯料理が大変おいしく、おすすめですよ〜。保護犬は宿泊料が無料です。

さて、アリシャ。アリシャは自然の中に来ると目の輝きが違いますね。野生の血が騒ぐ、とでも申しましょうか。スピだって海や山へ行くと血沸き肉踊り、それはもう怖いくらいものすごい勢いで走り回ったりするのですが、いかんせんスタミナはそれほど続かず。暑かったりすると、最近は早々に帰りたがり(室内に入りたがり)ます。やはりセッターのスタミナはすごいですね。スピがバテてもアリシャはマイペースにあちこちを探検、まだまだ外に居たい!といった様子。

a0102794_16371386.jpg
Yさんと一緒にハンモックに乗ったり・・・

a0102794_16441682.jpg
リスウォッチングに勤しんだり・・・(耳に注目!)

a0102794_1648536.jpg
初めての旅行を満喫したようです。

a0102794_1861266.jpg
おまけ『窓辺のアリシャ』

[PR]
# by saltyspeedy | 2012-08-29 20:56 | アリシャ
夏が終わる
a0102794_9294435.jpg

a0102794_9294976.jpg

 褪せたような 薄い青空
 とおすみとんぼが とんでいく
 ききょう かるかや おみなえし
 あざみ ゆうすげ われもこう

 なぞのような 人の裏切り
 白い鎧戸が 閉じられる
 あげは くわがた くまんばち
 おけら あしなが きりぎりす

 一人たどる 夜の山道
 どこへ帰るのか あてどない
 いてざ オリオン 海王星
 スピカ こぐまざ カシオペア
                 (谷川俊太郎「夏が終わる」)

[PR]
# by saltyspeedy | 2012-08-23 23:59 | ぐるりのこと
夏のダイヤモンド富士
a0102794_23442746.jpg

a0102794_23443928.jpg

a0102794_23444457.jpg

a0102794_23445134.jpg

a0102794_23445830.jpg
いつもの海岸で初めて見ることができました(写真をクリックすると拡大します)。
[PR]
# by saltyspeedy | 2012-08-20 23:52 | ぐるりのこと
ひぐれおしみ
まだまだ暑い日が続いていますが、
それでも夕暮れ時には幾分涼しい風が吹いて来るので
ひぐれをおしむように散歩に出かけます。
a0102794_10453659.jpg

a0102794_11102267.jpg
波打ち際にお精霊流しのお供物の一部が流れ着いていました。


 山という字を描いてみせ
 川という字を描いてみせ
 山という字は山そのものから
 川という字は川そのものから
 生まれたのですよ
 と説明すると
 横文字の国の人々は感動する

 このあいだ 岡山で
 <ひぐらし>を
 <ひぐれおしみ>と呼ぶ人々がいる
 と知って胸が鳴った
 人を打つことばが日本のことばの中にある
 そのことに
 日本語の国に住む私は感動する
                  (川崎洋「ことば」)

[PR]
# by saltyspeedy | 2012-08-18 18:40 | ぐるりのこと
百日紅(さるすべり)
a0102794_0163245.jpg

散れば咲き 散れば咲きして 百日紅 (加賀千代女)


だんだん百日紅が好きになってきた。咲き散った枝先ににょきにょきもくもく無計画に(?)花芽を継ぎ伸ばしながら一夏を咲き通す逞しさが。ロケット花火みたいで昔はいいと思えなかったその奔放な枝振りも今はいっそ小気味いい。うちには百日紅の木はないので、もっぱらお隣のや散歩中に眺めている。

カンナが終わり、今は珊瑚花、鉄砲百合、マンデビラが咲いている。ハイビスカスは蕾をつけている。いつのまにか入道雲の空に秋の雲が入り込んでいる。用水路でアオサギを見かける。朝夕の散歩中に見かけたアカテガニたちは無事放仔しただろうか。
[PR]
# by saltyspeedy | 2012-08-18 01:40 | 花・植物
空のカンヴァス

切り裂くように 飛行機が飛んで行ったあと
a0102794_9502693.jpg
かえりみち 空はみるみるうちに焼けて行った

a0102794_9502258.jpg
高台に出てふりかえると 経塚の隣に富士山

a0102794_9501850.jpg
影たちは 親しく語らっているかのよう

a0102794_9501335.jpg
坂の上に立つと 黒々とした木々のフレームに収まった

[PR]
# by saltyspeedy | 2012-08-06 18:50 | ぐるりのこと
客人来たる・2
a0102794_1556562.jpg


a0102794_15373115.jpg


a0102794_1539060.jpg


a0102794_15384619.jpg


a0102794_15385049.jpg
BunさんとKさんが遊びに来てくれたので、磯遊び&海水浴をしました。この日は大潮。干潮から満ち始める時間帯。遠くの台風の影響か、いつもに比べてやや波は高めです(と言ってもいつもがなさすぎるため、大したことはありませんが)。この海岸は引き波が強いので(砂を盛っていてもごっそり持って行かれてしまう)、波乗り遊びはややスリルがあります。久しぶりに海に入り、重力から解放されて波間にたゆたいました。

去年の夏は鬱々としてとても泳ぐ気持ちになれなかったのですが、今年はアリシャが来たり、お客さんが来て下さったり、……新しい風が吹いて来たのかな?
Bunさん、Kさん、楽しい時間をありがとうございました!
[PR]
# by saltyspeedy | 2012-08-03 15:36 | ぐるりのこと