<   2013年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧
普段から備えておくべきこと
a0102794_957745.jpg
『ドッグ・トレーナーに必要な「深読み・先読み」テクニック』シリーズの編・著者であるスウェーデン在住の藤田りか子さんが、「dog actually」に書かれていた記事『胃捻転、生と死をさまよう』を読んだ。大いに考えさせられ、同時にある種の覚悟をもさせられる内容だった。

胃捻転は突然発症し素早い処置をしなければ短時間で死に至る恐ろしい病気だ。胸が深い大型犬に多いとされているため以前から注意しているつもりでいたけれど、今回調べて新たに知ったことがいくつもあった。ご愛犬が胃捻転を経験された方のブログ記事にはとても詳しく書かれているものがありますので、ぜひ検索してみて下さい。

私が特に気になったのは、アメリカの研究チームによるGDV(胃拡張・胃捻転症候群=Gastric Dilatation-Volvulus の略)のリスク因子や特徴について紹介されていた記事。

以下、覚え書きとして一部を抜粋
[PR]
by saltyspeedy | 2013-06-27 23:47 | 犬のこと
場数
a0102794_8294916.jpg
雨が上がったからと長めの散歩に出かけて、どつぼにはまった一日。
泥まみれになろうと、第一関節が変形しようと、リードだけは放さなかったぞ!
場数を踏むとはこういうことか。
心持ちはキグチコヘイのやうに。
[PR]
by saltyspeedy | 2013-06-21 22:33 | よしなしごと
公園でアジリティーに挑戦
a0102794_1421679.jpg
ジャンプ!

a0102794_1262787.jpg
ジャーンプ!!

a0102794_7591330.jpg
アリシャ、いそいそと

a0102794_1205417.jpg
こんなところに上ったりもします。

a0102794_1213565.jpg
「あ! 鳥っ!」

a0102794_1215466.jpg
「・・・じゃなかった。上るんだった」

a0102794_12294.jpg
「ここで写真撮るの?」

a0102794_121432.jpg
「もう動いてもいいよね?」

a0102794_123336.jpg
「外ではいつも、鳥を探してばかりだけど・・・」

a0102794_1254143.jpg
「すべりだい駆け下りるのも楽しいよ!」

a0102794_1442862.jpg
「こっちの階段からも下りられるけどね」

a0102794_1304169.jpg
さて、スピだって頑張ってますよ。

a0102794_1305068.jpg
前足は載せられるようになったけど、後ろ足が上がらない。(びびりーだからね)

a0102794_1352539.jpg
「はやく帰りたいのに・・・」 やる気のないジャンプだなあ・・・


それにしてもこの違い。サルーキとセターという犬種の特性ももちろんだけれど、両者の性格の違いによるところも大きい。アリシャは大胆で勇気がある(悪く言えば向こう見ず)。スピは慎重で場の空気を読む(悪く言えばヘタレ)。アリシャが来てからスピの新たな一面がわかったりして楽しいし、それぞれの個性の違いを楽しんでいる。
[PR]
by saltyspeedy | 2013-06-06 16:23 | スピとアリ