<   2011年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧
ヨコスカノヨコガオ
a0102794_7475092.jpg
テナー(サックス)奏者のいるベンチ。

汐入のよこすか芸術劇場から、どぶ板通りを通って横須賀中央駅まで。
細い一方通行の路地の奥に「OFF LIMITS」の文字。
すぐそこはもうベースの正門なのだった。

a0102794_15531144.jpg
ノスタルジックな路地を鍵の手に曲がると

a0102794_16294394.jpg
どん突きはまだ灯がともる前の大滝名店ビルだった。
薄暗くいい感じ。「Blue in Green」ってここにあったのか。

[PR]
by saltyspeedy | 2011-07-27 23:46 | ぐるりのこと
荒井漁港夕景
a0102794_231296.jpg
a0102794_23124263.jpg
6時過ぎにふと空を見上げたら雲の中で夕日が滲んでいたので、急いで車を走らせ丘を越えて荒井漁港へ。夕刻に訪れるのはずいぶん久しぶり。まずまずの夕景でした。
[PR]
by saltyspeedy | 2011-07-25 23:21 | ぐるりのこと
海水浴日和
a0102794_10404865.jpg
久しぶりのパノラマ合成です(3枚つなぎ。クリックすると拡大表示します)。
パノラマにしようと思って撮ったわけではない写真を強引につないでしまったので、よく見るとヘンなのですが。

この日はそんなに暑くなかったので、例の爆竹事件と海水浴場の騒然とした雰囲気にすっかり海恐怖症になってしまったスピのリハビリのために、海岸の端の方を少しだけ歩いたのですが、あいかわらずオシッコとウンチを済ませるとものすごい勢いで駐車場に戻って車に乗り込もうとするので、ゆっくり写真を撮るどころではありません。10分くらい居ただけで駐車場を出たので、管理人のおじさんがけげんそうな顔をして見ていました。駐車料金が無料なのが幸いです。
[PR]
by saltyspeedy | 2011-07-23 23:07 | ぐるりのこと
なめろう 冷や汁 さんが焼き
a0102794_23193182.jpg
雲の峰雷を封じて聳えけり(漱石) 雷の電気を貯めて利用できたらいいのにね。

なめろうを作るついでに冷や汁も作った。なめろうは、アジに玉ねぎと生姜のみじん切り、味噌を加えて叩く。玉ねぎを使うのは、以前、内房富浦の民宿で出てきておいしかったので、それ以来たたきもなめろうも玉ねぎになった。そのかわりに上から大葉と小葱を散らす。

冷や汁は(この作り方はアジを焼いてからほぐす本来の作り方ではなく、宮崎の「冷や汁」と房総の「水なます」の中間のようなもの。便宜上「冷や汁」と呼んでいます)まず、なめろうに金胡麻をたっぷり擂って加え、さらに味噌を足したもの(壇一雄流に言うと「アジ胡麻味噌」)をアルミホイルに薄く塗りつけてオーブントースターで周囲がこんがり焦げるぐらいに焼いておく。擂り鉢(ボウル)に焼いたアジ胡麻味噌を入れて昆布でとった出汁と木綿豆腐を崩し入れ、味をみて足りなければ味噌と擂り胡麻を足し、ドロドロとした濃いめのみそ汁を作って冷やす。薬味はキュウリ、大葉、茗荷、小葱などを、これでもか!と入れて食す。麦飯を炊いてさましておいて、上からかけてもいい。

『壇流クッキング』では、杉板や擂り鉢を使って味噌をあぶったり、焼いたアジの骨で出汁を取っているのだけれど、やってみたことはない。私は「手のろ」なので、つい一石二鳥(三鳥?)の楽な方になってしまう。

翌日、余ったなめろうを大葉に挟んでフライパンで焼いた"さんが焼き"をお弁当に入れた。嫌がられるかと思いきや好評だった。味噌の味がしっかりついているから冷めてもおいしいし、ご飯にも合うのでお弁当のおかずにおすすめです。

冷や汁は毎年夏の初め、まだ暑さと湿度に体が慣れずだるい時に無性に食べたくなる。
べたべたしていた汗が、暑さに慣れて来たせいか、だんだんさらさらしてきた。
蝉もだんだんと鳴き始めました。
[PR]
by saltyspeedy | 2011-07-16 23:30 | 日々の糧
夏が来た
a0102794_16411761.jpg
今朝ようやく初蝉の声を聞いたと思ったら、すぐに鳴き止んでしまった。
外出から帰ってエアコンをつけて、おや鳴きだしたと思ったらもう止んでいる。
鳥の影がそのままアスファルトに焼き付いてしまいそうな午後。
今年はまだサイレント映画の夏です。
[PR]
by saltyspeedy | 2011-07-13 15:50 | ぐるりのこと
パックウォークとラン
a0102794_0594713.jpg
ライオン、ロニー&レッツと一緒に公園を歩きました。
群れを作る習性のある犬達は、一緒に歩くことで絆が深まるようです。
「同じ釜の飯を食う」ような感覚でしょうか?

続きを見る
[PR]
by saltyspeedy | 2011-07-07 23:57
カラーの花と子カマキリ
a0102794_1522761.jpg

花が咲いてからもう10日たつ。
茎が伸びて花(仏焔苞)の色も深くなってきた。
本当は真ん中の黄色い芯の部分が花なのだが。

子カマキリはいっちょまえにちゃあんとカマキリだ。
マクロで2、3センチまで寄ると花陰にかくれてしまう。
しばらく待っていたら出てきた。
(7/6)

a0102794_1515371.jpg
咲いたばかりの頃はこんなでした。
(6/27)

[PR]
by saltyspeedy | 2011-07-06 07:00 | 花・植物
南の岩場にて
a0102794_15263087.jpg
曇天の海は荒れていた。
ひとりぼっちじゃないのに、さびしいさびしい気持ち。
「さびしい」と声に出したときのあのさびしい気持ち。
遠い小惑星の長い長い公転周期を思うときの
引きずりこまれそうなさびしさが
ぽっかり口をあけていたんだ。
[PR]
by saltyspeedy | 2011-07-01 23:29 | よしなしごと