<   2008年 12月 ( 16 )   > この月の画像一覧
疾風・烈風
岩山を駆けおりるすがたは疾風のごとある。
a0102794_23583283.jpg
さて、かたやこちらは烈風ですと。
a0102794_23574182.jpg
烈風のあなた、伊豆の国は天城山の裳裾に日は沈みゆくのでありました。
a0102794_23575614.jpg

[PR]
by saltyspeedy | 2008-12-29 23:56 | ぐるりのこと
きのうの夕べ
a0102794_2061836.jpg

a0102794_2042829.jpg

a0102794_2045655.jpg

a0102794_2054749.jpg

a0102794_2052272.jpg

[PR]
by saltyspeedy | 2008-12-26 20:03 | ぐるりのこと
渋谷、雨。
22日、打ち合わせに出たついでにワイエス展を見てからBunさんとおちあい、かねてからおすすめの例の場所へ。山吹色のニクイ奴とご対面。
a0102794_19501479.jpg

店を出るととっぷり暮れていて、おまけに雨まで降りだして、いきなり心細くなる。
a0102794_19494292.jpg

傘の波。スクランブル交差点を渡るとき、傘同士がぶつかり合ってぼぐんぼぐん言った。
a0102794_1949589.jpg

この後、帰りの京急線で酸欠(?)になってしまい、ほうほうのていで家に帰り着き、そのまま寝込んでしまった。情けなや…
[PR]
by saltyspeedy | 2008-12-22 19:54 | おでかけ
ソフトクリーム
日曜日、「セキグチボクジョーのソフトクリームが食べたい」と子どもたちが言うので、行ってみた。みんな食べたことあると言う。食べたことなかったのは私だけ。大体の場所は見当がついていたけれど、念のためにカーナビに聞くと、千葉とか茨城の関口牧場に連れて行こうとするのでまいる。Kちゃんに教えて貰い、最終的にはカンをたよりに迷うことなくたどり着いた。へんぴな場所に車がたくさん停まっている。大型バイクのツーリング集団まで来ている。大繁盛店(?)なのだ。
a0102794_23155469.jpg

a0102794_23161453.jpg

a0102794_23163119.jpg

注文すると、カップかコーンか訊かれる。子どもたちが口々に「カップ」「コーン」と希望を告げると「カップにはスプーンが付くが、コーンにはスプーンはつかない」と念を押される。写真はカップ(カップ型をしたコーンである。ナンカマギラワシイネ)。コーンはカップに較べて口径が狭いせいか、クリームの巻きが5段ぐらいもあってバランスをとるのが難しい上、フレッシュクリームはなめるそばから溶け出すので、子ども向きではないようだ。現に、根本から倒壊したらしいクリーム塊がベンチの下で生々しく溶け続けているのを見た。口ひげあごひげをつけて、無言で食べつづける。
a0102794_23172834.jpg

味はミルクとその時々で変わるあと一品。この日はいちごだった。とってもおいしかった。
なるほど、ヤギは靴についたクリームをなめていたのだな。
[PR]
by saltyspeedy | 2008-12-21 23:59 | ぐるりのこと
闇を覗く
a0102794_173730.jpg
「おーい。シロネコさん、シロネコさん、その中に一体何があるというのです?」
a0102794_18169.jpg
「見てわからぬか。この中には闇があるに決まっとるだろう」なあんてことは、きっと考えてないんだろう。あたたかい、心地いい、ハラヘッタ、ハラクチイ、そこに隙間があるから覗いてみる、もっとずっと単純明快に生きてるんだろう。
[PR]
by saltyspeedy | 2008-12-20 23:59 | ぐるりのこと
抹茶のグラニテまたはティラミス
レシピ検索でいらした方には大変申し上げにくいのですが、お菓子の話ではありません。
a0102794_0585512.jpg

では何かと申しますと、岩ゴツゴツの夕景天然色バージョンでございます。
a0102794_0592446.jpg

本日は、小潮・干潮(15:25)、日の入りは16:32。なんだか美味しそうでした。
a0102794_10090.jpg

[PR]
by saltyspeedy | 2008-12-19 23:59 | ぐるりのこと
君たちの海
雨の日、スピは玄関を出るのをためらう。けれど、よっぽど我慢の限界にならないかぎりトイレシーツでは用を足さなくなっているので、台風でもなければ、一応は朝夕散歩に出ている。走って身体が熱くなれば、冬だっておかまいなしに海に入るくせに、雨にぬれるのは嫌いらしく、勝手に最短15分のご近所コースをとろうとする利己的な遺伝子の持ち主だ。

そんなわけで、今日は写真はなし。月曜日の夕方撮った写真です。
この日はとにかく伊豆大島(画面左方)のシルエットが美しかった。
a0102794_23195114.jpg
※クリックしてもそれほど大きくならないけれど、よろしければご覧下さい。
a0102794_23201641.jpg
岩場には珍しく釣り少年たちも居た。きっと血となり肉となる。よく遊べよー
[PR]
by saltyspeedy | 2008-12-17 23:59 | ぐるりのこと
高台の畑から〜電柱のある風景
高いところに行きたくなり、坂道をのぼって高台の畑へ。
a0102794_940508.jpg

夕日がちょうど雲から顔を出してくれた。
a0102794_941731.jpg

純粋農道としか呼びようのない気持ちがいいくらいまっすぐな農道。
a0102794_9413671.jpg

電柱が延々連なる直線道路は、長さ1600メートル。その昔、海軍の滑走路だったと言う。
a0102794_9415512.jpg

西の端まで行くと帰りは真っ暗になりそうなので、急坂を下って帰路につくと、冬枯れの樹間から覗く雲がどんどん朱鷺色に染まりだした。下りきって埋め立て地に出る。広い広いもと空き地を囲う工事フェンスさえなければ、ここも荒涼としたいい景色だったろう。

電柱と言えば…
[PR]
by saltyspeedy | 2008-12-16 23:58 | ぐるりのこと
雲が流れて
朝から冷たい雨が降った日曜日。15時過ぎ、ようやく北の空に晴れ間がみえたので久々にAXELAで海へ。雲が流れて、北西から急速に晴れ間が広がってきた。
a0102794_2194649.jpg

岩山に駆けのぼり、ぐるりを見渡すスピ。オツトメゴクローサン。
a0102794_2175638.jpg

幾層もの雲の稜線の向こうに滲み出した夕日。一瞬の煌めき。
a0102794_21112980.jpg

薄桃色の雲を少々残して、そのまま雲の奥に沈んでいった。
ボディに夕雲を浮かべたAXELA君も、暫し海を眺めておりました。
a0102794_2181448.jpg

[PR]
by saltyspeedy | 2008-12-14 22:27 | AXELA
舫ロープと落日
浜に落ちていた舫(もやい)ロープの切れ端が最近お気に入りのスピ。20メートルほど離れて待たせておき、「ヨーイドン」でロープを引いて、人間ルアーコーシングマシーン(笑)となって必死に走る私たち。一瞬で追いつかれますけども。しかし、追いつかれてからが腕の見せ所。うまい具合に結び目がルアーの役割を果たしてくれているロープをくねくねと、時にはうんとためてからシュッと引き、カウボーイよろしくぐるぐる回してみたりと、充分引きつけてから引っぱりっこして遊ぶ。大コーフン、のどをウーウー鳴らして大喜びのスピです。
a0102794_65248100.jpg

そうこうしているうちに、そこかしこを黄金色に染めながら夕日はどんどん沈みゆく。
a0102794_6534062.jpg

雲もなく波穏やかな海。花道を引くように落日。
a0102794_653862.jpg

夕日が沈んだ後、東の丘の上に白い月がぽっかりと顔を出した。月齢14.4。ほとんど満月に見える。暦の上では今日は十五夜。上って行くにつれ、はじめは白く透きとおったようだった月が、徐々に黄色く鏡のようにぴかぴか光りはじめるのを見ている。上るスピードはずいぶん速く、丘との距離があっという間に開いて行く。今日は大潮、満潮時刻は15:12。月の出は15:45、日の入りは16:30。今夜は一年中で最も大きく明るい満月が見える日なのだとか、テレビが言っていた。

…というような記事は、昨日のうちにアップしなきゃなあ。
ブログの醍醐味はネタの鮮度・同時性という面も大きいものね。海より深く反省。
[PR]
by saltyspeedy | 2008-12-12 23:59 | speedy