<   2008年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧
そしてブイは沖へ流れた
      ボールもやっぱり流れていった
a0102794_2146481.jpg
      ボク知〜らない、っと。

                    いや、そういうことでは困るのだよ。

      漂着したブイだから、海に帰っただけだよ。

                        そうかねェ? そうかなァ。

a0102794_2224171.jpg
      さて、気をとりなおして。

a0102794_22242042.jpg
      スピの追いかけているもの。それは、

a0102794_22243555.jpg
      フリスビー!        (砂まみれになって格闘の末、ゲット)

a0102794_2225075.jpg
      キャッチ!!           (いつもこう願いたいものです)


a0102794_22253982.jpg
      これだから、毎日シャワーしてるのに、うちの床はザラザラなのです。 
[PR]
by saltyspeedy | 2008-07-23 21:52 | speedy
海は好き
  でも、泳ぐのはちょっと…
a0102794_22251867.jpg

   ボクすごいスピードで泳ぐよ。       「諦めが早すぎるっっ」
   砂漠の犬だもんね。しかたないよね?
[PR]
by saltyspeedy | 2008-07-17 22:37 | speedy
レコード怖い…
怖いのは針の落ちる音?

アンプが壊れて以来、聴けなくなっていたわが家のレコードたち。
先日、YさんがDJミキサーを買って来て、聴けるようになったのだけど…
a0102794_16175748.jpg

レコードをかけた途端、スピが、一目散に2階へ上がって行ったまま戻って来ない。
勝手に2階に行ってはいけないので、連れて下りてきても、廊下をウロウロ。
「大丈夫だよー」と居間に入れたら、何と扉の前でオシッコまでする始末。

ありゃー、尻尾が後ろ足の中に入ってる。何がそんなに怖いというのだ?
朝、目覚まし代わりにCDを大音量でかけていたって(さらに大音量の目覚まし時計が同時にセットしてあったって)、爆睡してるというのに。

思い当たることと言ったら、針の落ちる「ボッ ぢりぢり…」という音と、ミキサーの青色光の点滅。 もしかして、花火が怖いスピにとって、これらの音と光は、花火を思い起こさせるのかも!? ならば、針を落とすとき、ボリュームを0にしておけば平気かも…。 結果は×。レコードを取り出した時点で、すでにビビリスイッチが入っていた。2回目ですでに強化されちゃったってことだ。

ならば地道にソファでオヤツをあげて、
レコード鳴ってるとき→いいこと(オヤツもらえる)という図式を作らねば…。 あーあ。花火の件以来、スピのビビリがどんどんエスカレートしてる気がするなあ(こないだなんて、いただきもののカボチャに向かって唸ってたし)。

ともあれレコードは、義父の形見のJBLのスピーカーで、いい音で鳴っています。

a0102794_1655575.jpga0102794_19562715.jpga0102794_1956443.jpg
やっと
しずかに
なったよ
Zzz...
[PR]
by saltyspeedy | 2008-07-15 17:12 | speedy
たたずむもの 2種
1) 海の電柱
  小さな漁港の湾内に、電柱あり。 撮影時、潮はやや引いているも、水没。
a0102794_23375619.jpg

2) 風車 2基
  入院中、病室からよく眺めていた。
  ピタリと動かない日、怖いくらいに回っている日、なぜか1基だけ回っている日も。

  快晴よりも曇りが似合う。 どちらも大好きな風景。
[PR]
by saltyspeedy | 2008-07-11 23:55 | ぐるりのこと
曇天
海開きはしたものの…

  青旗は「遊泳可」だけど、こんなお天気ではね。 砂浜には釣り人が3人。
a0102794_13191443.jpg

  観光バスが何台か停まっている。 臨海学校の小学生らしい。
  「あっ かわいい! おっきい犬!」「細っ!」「足長っ!」の声。
  自由時間だったら、この後、いつも囲まれてしまうのだけど、
  今日はまだ、先生のお話があるようだからね… お行儀よく通り過ぎましょう。

  あ、そんなトコにオシッコしなくていーからっっ
[PR]
by saltyspeedy | 2008-07-08 15:52 | speedy
ナゾのつる性植物
はじめは「カタ焼きソバ一人前」くらいだった

初めてコイツに気づいたのは、去年だったかおととしだったか。今となっては定かではない。海岸を散歩していて、ハマヒルガオやハマゴウといった海岸植物の葉の緑色の中に、やけにビビッドな黄色があることに気がついた。

遠目には、パーティーグッズによくあるようなカラースプレーを撒いたように見えたから、(人間の脳はつくづくすごいデータベースだと思う。今まで見たもののなかから、もっとも近いと思われるイメージを瞬時に引き出してくる。たとえそれが、その場においてはどんなに突拍子もないと思われるものであっても、だ)海岸でどんちゃん騒ぎをしたあげく、そんなものを撒き散らした不届き者(=チャラ男)のイメージまで付随して脳裏に浮かんだ(単に私に妄想癖があるだけかもしれないが)。

近づいてみると、形状はカタ焼きソバによく似ている。さては、はめを外しすぎた誰かが「オエェ」とやったか?(←さらなる妄想) いや違う。
a0102794_12421731.jpg
さらに近づき凝視してみると、どうやら「植物のつる」のようである。ハマヒルガオやハマゴウって、こんなツルが出るのかな?と、出所を調べてみるが、よくわからない。それに、自分のツルにしては明らかに変なのだ。
a0102794_13231048.jpg
     だって、「きゃー」って嫌がってるじゃないですか?

その時はカメラも持っておらず、後日何人かの人に訊いてみたが、分からず終い。その内に、いつものことながら新しい記憶が上書きされていくにつれ、堆積物の中に埋もれ、忘れてしまったのである。そしてまた、今年も海岸に「ナゾのつる」がはびこるに従って、私の疑問も再燃しはじめたのだった。(※はびこる を漢字変換すると、蔓延る と出てくる。これはまさしく「つるがのびる」ということだ!)
というわけで、今回やっとカメラにおさめることができた。現時点では、カタ焼きソバ大どころでなく、大きなコロニーが出来ていて、さながら「投網」のようだ。が、「投網」の遠景写真を撮り忘れた。まぬけ。
a0102794_13465799.jpg
      よく見ると花まで咲いている。
a0102794_13515681.jpg
      ↑拡大画像。

帰宅し、ネットで検索して、ようやく正体を突き止めることに成功!
アメリカネナシカズラ(ヒルガオ科ネナシカズラ属)という、北米産の帰化植物だった。地面で発芽した後すぐに様々な植物に巻き付いて寄生し(宿主を選ばない)、吸盤(寄生根)を出して養分を吸うという。他の植物の栄養を奪うということは、光合成をする必要もなく葉緑体なんていらないから、黄色くてもいいわけだ。気になるのは、なんだか年々、黄色い「投網」が巨大化しているようなこと。どうやら詳しい生態もよくわかっていないらしい。ならば、毎年気づいたときに勝手に定点観測でもするとしよう…。
吸盤のアップはこちらのサイトを参照。←こちらで、寄生植物にさらに寄生する虫もいるらしいことを知る。「世の中は複雑である。」

色々なサイトで説明を読んでいて面白かったのは、「黄色い網や布が捨てられているように見える」とか、「(この草が繁茂すると)一面ラーメンをぶちまけたような景観となり…」とか、「まさしくスパゲッティ状態」とか、「黄色の太糸ネットで覆われた状態」とか、十人十色のナマな形容表現。いちいち頷いてしまった。

ちなみに検索語は「海岸 つる 黄色」でした。ネットってスゴイね!
[PR]
by saltyspeedy | 2008-07-01 17:15 | 花・植物