<   2008年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧
いつも行く海。 毎日違う顔を見せてくれる。 潮が満ちていたり引いていたり。 風があったりなかったり。 雲があったりなかったり。 夕焼けが、おおっというほど焼けたり(めったにないけどね)寂しくフェードアウトしたり。 富士山がクッキリ見えたり影も形もなかったり。
怪我をして改めて、こんな散歩ができることのシアワセについて考えてます。
a0102794_2358555.jpg
  荷重は現在体重の1/2になりました(これは松葉杖1本で歩けるということです)。
[PR]
by saltyspeedy | 2008-01-28 23:58 | speedy
マグロのカマトロ
リハビリの帰りに、病院の近くの「大畑鮮魚」にアジの開きを買いに寄ったら、美味しそうなカマがあった。今夜のおかずはこれにきまり。もちろん1枚100円のアジの開き(佐島産)も忘れずに購入。おじさんは、おまけに大根を1本くれ、「大根カツ」の作り方も教えてくれたけれど、これはまた別の機会に。
a0102794_2337522.jpga0102794_23381166.jpga0102794_23382782.jpg








左側の四角い部分は刺身でいただく。赤身っぽいとこ(上)や、中トロっぱいとこ(中)、四角の付け根の部分は、骨についた身をスプーンですくってネギトロに(下)と、いろいろ楽しめてうれしい。細長い部分は、めいっぱい塩コショウして「引き出し(魚焼きグリル)」へ投入。
おまけにもらった大根をおろし、レモン汁としょうゆでいただきました。その他には、湯豆腐、ほうれん草と舞茸の煮びたし、下仁田ネギと里芋のみそ汁。そして例によってトマトが。
きょうは大寒でした。
[PR]
by saltyspeedy | 2008-01-21 23:31 | 日々の糧
次の段階へ
週5日、リハビリに通院しています。病院まで国道を行くと、車で約20分。
平日はめったにないけど、春や夏の最盛期に渋滞したら1時間半とかかかることもある。
ちょっと混んでるかナ?時間に間に合わないかも? というある日、カンで農道に入ったら、これが大当たり!(ドツボにはまることも多いというのに、よくやるなあ…と自分でも思う)
いい道みつけた。それからというもの、毎日通ることにした。
a0102794_7414288.jpg
冬枯れの景色の中、目にもさやかに映るみどりは、大根葉にきゃべつ、小松菜などなど。
その向こうには風車。きょうは水平線が霞んでいる。
a0102794_7471733.jpg

近くに火葬場があるらしく、金ぴかの霊柩車(なんと車体まで金色)とすれ違った。運転中だったので写真はない。12分で病院についたものの、結局、駐車スペースを探して場内をウロウロさまよってしまった(さいさきいいのかわるいのか…)。

実はこの日は2週間おきの診察日。レントゲンを撮り、骨の上がりはどうかなーと、おそるおそる診察室に入ると、先生が「やったね!」とおっしゃる。
「今日から部分荷重を始めましょう。まずは体重の1/6から」
ぼーっとして、にわかには信じられなかったです。当初の話では、骨の再生はかなり厳しそうでしたから(統計上は壊死の確率が80%とのことでした)。それでも、よい兆候として骨に血流がみられ始めてからは、自分の持っている治癒力にまかせて(他にできることもないので)、よくなることだけをイメージしています。
おかげさまで、またひとつ次の段階に進むことができました。とは言っても、4ヶ月も足をついていなかったのだし、レントゲン上は大丈夫そうでも、骨が脆いとつぶれてきてしまうこともあるらしく、やっぱり慎重にしなければなりません。体重の1/6をかける、といっても、器具を使ってかかる重さを厳密に管理するわけではなく、体重計に片足を乗せて1/6の重さになったときの感覚を身体で覚え、それ以外の重さを松葉杖に逃がすという方法で行います。実際には、つま先をちょんとつくくらいの感じですが、これがなかなかこわいのです(何かあっても連休で病院休みだし。救急で行くのもヤだし)。慎重に慎重に。
来週またレントゲンを撮って、骨に変化があるか調べます。

a0102794_905572.jpg
    「おかーさん、よちよちあるきね。おかげさまで、ぼくのキズはもうよくなったよ」
[PR]
by saltyspeedy | 2008-01-12 07:31 | リハビリ
明けました(とっくに…)
 旧年中はいろいろなことがあり、皆様には大変ご心配をおかけいたしました。
 装具をつけても長くは歩けないので、まだ(当分は)スピと散歩にいけません。
 スピーディーは、おとーさんと訓練をがんばり、確実に絆を深めています。
 海岸を走り、熱くなって海にドボンするのもあいかわらずです。
a0102794_9165771.jpg

 写真は、帰省中に近くのドッグランにて、かっこいいブラタンのミスティー君と。
 霜柱のなれのはてのぬかるみの中、誘い誘われ、よく走っていました。
 こうして見るとスピの方がひとまわり大きいけど、まだやっぱり幼いですね。
 遅ればせながら、ことしもよろしくお願いいたします。
[PR]
by saltyspeedy | 2008-01-08 09:33