<   2007年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧
みなさまへ
a0102794_1301383.jpg
みなさま、おはこんばんちは。いつも見に来てくださってありがとうございます。このところ、いつになく私の仕事が忙しく(景気回復したのかしらん?)、また、MACの調子もイマイチでして、なかなかブログの更新ができない日が続いておりますが、みんな元気です。スピの巨大ニキビ群?も、抗生物質が効いているようで、大分よくなってきました。

a0102794_1413765.jpg分離不安も、良いときもあれば最悪の日もあり(今日がその日デシタ。帰宅したら家の中が肥溜めのニオイになってました。バリケンの中で麦踏みならぬウンチフミフミ…涙)、あいかわらずです。で、白目むいて瞬膜?がビロンとなったこんな寝姿(爆)です。
というわけで、仕事が一段落するまで、SALTY SPEEDYはしばし開店休業状態です(たまに逃避して来るかもしれませんが…)。
[PR]
by saltyspeedy | 2007-06-30 01:55 | ごあいさつ
散歩道の時計草
散歩に出た途端、頬にぽつりときた。ありゃりゃ。
しばらく空を見上げていたけれど、それ以上顔にあたる気配はない。
「あれ、気のせいだったかな?」
桑の葉(Hが理科の授業で育てているカイコのエサ。週末に持ち帰って来る)を採りにいくついでもあるし、とりあえず出発しました。
先週みつけた木から数枚の葉をいただき、途中、駆け足したりしながら、例によって海への道を辿る。Hがダッシュすると、それまでトロットだったスピもギャロップになるから、当然リードを持った私も走る。スピはさらに加速して、Hを追い抜きにかかる。
「ちょ、ちょっと待っておくんなまし…。マ、マ、マテ!」
徐々にスローダウンして息を整えながらふと見た先に、時計草の花。
a0102794_22262044.jpga0102794_22263827.jpg
不思議と今まで気がつかなかったんだなあ。この場所は、去年右手の畑に、本物の卵みたいな白い茄子がなっていたから、そっちばかり気にしていたのです。エッグプラントとはよく言ったもの。

さて、時計草です。英名はパッション・フラワーですが、パッションは普通名詞の「passion = 激情 」ではなく「the Passion = キリストの受難」 のことだそう。
南アメリカを訪れたスペインの宣教師たちがこの花を発見したとき、十字架に磔にされたキリストになぞらえてそう名付けたのだと言います。ウィキペディアによれば、「(イエズス会の宣教師達によると)この植物はキリストの受難を象徴する形をしており、花の子房柱は十字架、3つに分裂した雌しべが釘、巻きひげはムチ、副冠は茨の冠、5枚の花弁とガクは合わせて10人の使徒、葉は槍などと言われた」のですって。ようは布教に利用されたのですね。
和名は見ての通り(わかりやすくて結構ですね)。自然の造形の精巧さ美しさにうたれる瞬間です。で、ケータイ写真を撮っていたら…ぽつぽつ、ぱらぱら。
ザーザーになる前にダッシュで帰ったことでした。セーーーーフッ!
[PR]
by saltyspeedy | 2007-06-24 23:00 | 花・植物
番外編「Hさんの日記」
a0102794_0293553.jpg
きょうHはおばあちゃんに旅行のおみやげをもらいました。
前からほしかったおこじょのストラップ。
オレンジと名づけました。
スピがねらっています。
スピにやられると、しっぽがしっとりしそうでいやです。


a0102794_0302538.jpg

それからこれがてるてるぼうず。
Hのてるてるぼうずはとてもごりやくがあるのです。 
[PR]
by saltyspeedy | 2007-06-23 23:49 | Hさんの日記
ちょっぴり泳いだスピ
     昨日は雨に降られ、お散歩をコンビニ往復で済ませられてしまったスピ。
     帰ってきても、カーテンをめくって窓の外を覗いては、こちらの顔を振り返り、
     ひかえめにアピールし続けていました(…が、黙殺されました)。

     Hがつくったてるてるぼうずのお陰でしょうか、今日は天気が回復!
     久しぶりにみんなそろって海へ出掛けました。ひゃっほ〜!
     
a0102794_2317115.jpg
     デジカメを忘れてしまったのでしょぼい携帯写真ですが、こんな空と雲でした。
     こういう岩場を駈け登るのがスピは本当に好きです。祖先は山岳タイプかな?
a0102794_23204624.jpg

     きょうはみんなシュノーケルをつけて海中散歩です。写真左は私が見つけて
     Yさんが「捕ったど〜!」のアイナメ君。このあと刺身になりました。合掌。
     他にはおなじみのアナハゼ、ナベカ、メジナ、クサフグなどなど。
     ソラスズメダイなどの死滅回遊魚も見られますが、今日は遭えませんでした。
     スピは岩と岩の間の深くなったところで、目を白黒させながらほんの少しだけ
     たぷたぷと泳ぎました。が、その後はほとんどおかっぱりで、鼻ぴーぴー。
     SALTYSPEEDYのくせに、足の着かないところがこわいヘタレです。
[PR]
by saltyspeedy | 2007-06-23 23:34 | おでかけ
サボテンの花
           空に向かってにょっきりと伸びたサボテン。
         あっぱれ!その高さは、隣家の二階の屋根といい勝負。
          (二階ベランダより撮影させていただきました)
a0102794_8385318.jpg

[PR]
by saltyspeedy | 2007-06-22 08:48 | 花・植物
スピーディーの受難
このところ私が仕事でリビングのMACに向かいっぱなしの日々が続いていたので、留守番の出来ない分離不安のスピは、安心してソファーで寝ていられました(同じ部屋にいれば安心なんです)。
そんなスピの太平の眠りを覚ますかのような「受難」は突然やって来ました。

昨日はHの授業参観と保護者会があったため、スピに約2時間半、ハウスでお留守番してもらったのです。ブタミミ2片とともにバリケンに入れ、扉を閉めたときのスピの顔と言ったらありませんでした! その後、つとめて平静を装ってパソコンに向かったりテレビをつけたりしてから、何喰わぬ顔をして出掛けたのですが、その間、スピは不安そうにじーっとこちらを見て、ピーピー鼻を鳴らしていました。

「道徳」の授業を参観したあと、保護者会が思いのほか長かったこともあり、家を出てから戻るまで2時間半はたってしまいました。さあ、スピは、ハウスの中はどうなっているのでしょう? 出掛ける前に散歩に連れ出したので多少は疲れてはいるものの、オシッコはしているだろうし、扉をガリガリやって前足に血がにじんだりもしてるんだろうな〜と、覚悟して帰ってみると……

続きを読む
[PR]
by saltyspeedy | 2007-06-12 09:07 | speedy
祖母の作品「君子蘭」
昨日、6月3日は亡き祖母の納骨式でしたが、Hの体調も思わしくなく、
往復8時間の強行軍は無理と判断し、出席を見合わせました。

a0102794_20502292.jpg

わが家にある祖母の日本画「君子蘭」。
誇らしげに咲く私の大好きな花です。

[PR]
by saltyspeedy | 2007-06-04 20:54 | 特別なこと