カテゴリ:海のいきもの( 10 )
お詫びと訂正
前回のエントリーでバフンウニの殻と紹介したものはムラサキウニの殻の誤りでした。
お詫びして訂正いたします。ごめんなさい!!
a0102794_23361490.jpg
本当のバフンウニの殻はこちら↑ すべすべして平たく、きれいな草色をしている。
これに細く短い棘が生えている姿が、その名の由来というわけか…。
a0102794_23402666.jpg
お詫びと言ってはナンですが、バフンウニ(上・中段)とムラサキウニ(下段)合作による『ウニスマスツリー』(お供え餅!?)です。こうして見ると全然違うのにね。「思い込み」ってイヤねえ。
a0102794_23595776.jpg
アバロンの盃。

a0102794_2344934.jpg
うつくしきものたち。

[PR]
by saltyspeedy | 2010-12-04 23:45 | 海のいきもの
アカテガニとベンケイガニ
先日5/22に「アカテガニ2010」として載せたカニの写真が、実はアカテガニでなくベンケイガニだったことが判明し、「アカテガニ2010改め ベンケイガニ」と改題、新たに見分け方を追記しました。

さて、こちらは今日の夕方出会ったアカテガニ。目と目の間がまっすぐ。
a0102794_2384497.jpg


おもむろにハサミをユラ〜〜っと下げる姿が
a0102794_239111.jpg
あしたのジョーのノーガード戦法のようだった。

a0102794_2391893.jpg
こちらは水路の石垣(通称「カニ長屋」)のベンケイガニ。ゴツゴツ・テラテラ。
[PR]
by saltyspeedy | 2010-07-04 23:38 | 海のいきもの
アカテガニ2010改め ベンケイガニ
a0102794_23534213.jpg
今年もまた彼らに会えてうれしい。

<7/4 追記>
※上の写真のカニが「アカテガニ」でなく赤い「ベンケイガニ」だったことが判明しました。
アカテガニとベンケイガニの赤い個体はとてもよく似ていて、今までまったく混同していたのですが、アカテガニが目と目の間がまっすぐで、甲羅もすべすべしているのに対し、ベンケイガニは目と目の間がシワが寄ったようにデコボコしていて眼のすぐ下の縁(前側縁)に切れ込み(歯)があり、甲羅もゴツゴツしているそうです。そう思って見ると、今年撮った↑の写真は目と目の間がデコボコしていて切れ込みもありますよね。今まで写したアカテガニがもっとマットな感じで写真写りがよかったのに対し、↑の彼らはテラテラ光ってなかなかピントが合ってくれなかったところも違う…(笑)

見分け方を詳しく教えて下さったshuさん、ありがとうございました!
[PR]
by saltyspeedy | 2010-05-22 23:58 | 海のいきもの
トンビとアオサギ
a0102794_22293475.jpg
    ・・・そして謎の潜望鏡?? ※クリックすると拡大します。
[PR]
by saltyspeedy | 2009-10-05 22:28 | 海のいきもの
本日のアカテガニ
              「やあ。しばらくぶりだね」
a0102794_21161664.jpg

         「ぼくらアカテガニ、こういう場所が好きなのさ♪」
a0102794_21163913.jpg

            でも、こっちは気が気じゃありません。
a0102794_21242614.jpg

[PR]
by saltyspeedy | 2008-10-25 21:35 | 海のいきもの
アカテガニ 2008
  駐車場の片隅にアカテガニが棲みついた。
a0102794_10394356.jpg
  プランターに、ダッチアイリスの球根を植えようとしたら、居たのだ。


  プランターをどかしたら、もっと居た。
a0102794_10441787.jpg
  大きいのやら、小さいのやら。 赤いのやら、赤くないのやら。


  写真を撮られるのは嫌いなご様子。
a0102794_1046307.jpg
  ヒメツルソバの陰に隠れてしまった(よく見ると、ヒメツルソバの葉が食べられている)。


  背中に、笑ってるような窪みがあるのが、なんともかわいらしい。
a0102794_1051153.jpg
  「えへっ」


  アカテガニって、何故か横にではなく前に向かって歩いている姿を時々見かける。
a0102794_10382992.jpg
  ホースをチョキチョキするのは、やめておくれよ。

  アカテガニ
[PR]
by saltyspeedy | 2008-09-11 11:21 | 海のいきもの
ほどけたゴンズイ玉
夕方早めに散歩に出たら、日射しが強いのなんのって…。
あわてて腕に日焼け止めスプレーを吹きかけたけど、そもそも日焼け止めを塗ってたってまっ黒になっちゃう体質だから、焼け石に水だ。
a0102794_931958.jpg
対岸の丘が海の上にくっきり。今日は、岩場の先をぐるっとまわって、漁港まで行ってみよう。途中の入江でスピはしっかり海に浸かって行く。漁港の堤防には、今日も太公望が釣り糸を垂れている。手前では、白ワンピースのモデルを囲んで小ぢんまりとした撮影が行われていた。YとHは、その横をすりぬけて、堤防の先まで行く。のんびりした風景。私は岸壁に腰掛けて、波にたゆたいながら、玉になったりほどけたりをくり返すゴンズイ玉を見ていたら、急に頭の中の霧が晴れて、色んなことがよくわかるようになった(気がした)。…気がしただけだった。立ち上がったらもう、いつものもやっとした私なのだった。
a0102794_9473139.jpg
↑本当は玉になったところを撮りたかったのだけど、デジカメのバッテリーが切れてしまった。肝心なとき、私はいつもこうだ。昨日だって、初めての道を通って上の畑に上がったら、畑の先に海が見えた。海の上の空には、細い長方形のかたちをしたナゾの光。もちろんカメラは持ってなかった。同じコースを引き返さず、岬の上をまわって帰ってきた。

覚え書き
[PR]
by saltyspeedy | 2007-09-04 09:18 | 海のいきもの
大潮
今朝、海岸へ泳ぎに行ったら、潮がずずずい〜っと引いていました。このところ午後、大分日が傾いてから泳いでいたので、満ち潮のことが多かったのです。いつも泳いでいたあたりでは、ひざ下位までしかありません。でもって、風もなくベタ凪で砂が巻き上がらないから、いつになく透明度が高い。そして魚影・魚種ともに豊富!とくれば、シュノーケリングの道具とタンクメイト採集用の道具をおいてきてしまったことが、激しく悔やまれました。

唯一持ってきていたゴーグルを3人で使い回して発見した魚たちは、アイナメ、タコ、カゴカキダイ、キュウセン、キヌバリ、イシダイ(幼魚)、ソラスズメダイ、カワハギなど。
a0102794_0411361.jpg

      写真は今日のものではありませんが、ないのも寂しいので(^へ^)
[PR]
by saltyspeedy | 2007-08-27 00:47 | 海のいきもの
ミドリイソギンチャク
a0102794_0125419.jpg


本日の新入りをご紹介します。いつも魚を買う漁港でYさんが捕ってきました。
網を持たせると、俄然才能を発揮するのです。






a0102794_0131493.jpg


触手がゆらゆらと揺らめいて夢のよう。Yさんときたら、ご飯を食べているときもビールを飲んでいるときも、ずうっと眺めていましたよ。






a0102794_0284047.jpg


そうそう。今さらながらデジカメに「水中モード」なるものがあることを発見。ムカデミノウミウシ君ってこんな奴。







a0102794_035111.jpg


実はこんな綺麗な色をしています。
手前には、石にあいた穴におさまって、ちょこんと顔を出しているナベカ君。






a0102794_044915.jpg
この恐ろしげなシロモノはクモヒトデ。水槽内を這いずり回って面白いのですが、とばっちりを受けてイソギンチャクが倒れてしまうことも…。
そういえば、水槽のメンバーのことを「タンクメイト」というそうな。




a0102794_0482781.jpg



こちらはすっかり忘れられているスピ。おととい、用事のついでに行った丘の上で。

遠くに見えるのは東京湾。このところめっきり非ソルティーなスピーデイーです。もうしばらくの辛抱です。
[PR]
by saltyspeedy | 2007-05-23 00:57 | 海のいきもの
ムカデミノウミウシ
日曜日、海水魚の水槽を充実させるべく、干潮の時間帯をねらって
おととしミヤコウミウシを見つけた場所へ採集に行って来ました。

a0102794_914157.jpgムカデミノウミウシ
写真では石の色に擬態していて目立ちませんが、本当はきれいな水色〜薄紫色をしています。ムカデのような毛虫のようなウミウシです。ウミウシ類はエサ(特定のカイメン類)の採取の難しさから、水槽で飼育するのは難しいとされていますが、このウミウシは飼育可能だといいます。

何故でしょう?
その理由はなんと、体に宿した共生藻が光合成によって作り出す栄養をもらって生きられるから。光をあてるだけで半年程飼育できた記録もあるそうです。
とはいっても基本的にエサは刺胞動物(ヒドロ虫)らしいので、近くにあった色々くっついている石を一緒に持って帰ってきたら、案の定ムシャムシャしています。ヤドカリの貝にへばりついてお掃除してあげたりもしています。

その他の水槽メンバー
アオウミウシ、クモヒトデ、イソクズガニ、ヨロイイソギンチャク、ケヤリムシ、イソスジエビ、イソガニ、ホンヤドカリ、アナハゼ、クモハゼ、キヌバリ、ナベカ、ボラ
[PR]
by saltyspeedy | 2007-05-22 10:16 | 海のいきもの