カテゴリ:おでかけ( 48 )
ユージン・スミス写真展へ
a0102794_22591658.jpg
先週の土曜は車で府中へ行ったが、この日は電車でお茶の水へ。
ゼラチン・シルバー・プリントは本当に美しい。
じっと見入っていると、密度が詰んだ結晶世界の中に入り込んだかのような不思議な感覚になる。時に、色々な音が聞こえて来たりもする。

スペインの村の素朴な平パン、カントリー・ドクターの額、スミスの愛娘ワニータ(あの有名な「楽園への歩み」の女の子)の睫毛のなんと雄弁なことだろう。
特殊外科病棟の創外固定の写真は、足首に感覚が甦ってくるような怖さがあった。

フォト・ジャーナリズムは、あるがままの現実を写し出すものと思い込みがちだけれど、写真家の眼差しを写し出すものなのだなあ(あたりまえのことだけれども)。
一見、巧まざる効果のように見えて、緻密に計算されているのだ。
[PR]
by saltyspeedy | 2012-06-01 22:26 | おでかけ
『岬』営業中。
ふと思い立って内房へ。アクアラインを通って木更津、富津と南下し明鐘岬まで。
うれしいことに、去年の1月に火事で全焼してしまった音楽と珈琲の店『岬』が復活していました!
a0102794_1711581.jpg
外観はいたってシンプルながら以前と同じブルーに塗られています。

a0102794_16431615.jpg
窓辺のシロネコさん。

a0102794_16331686.jpg
さすがに外は寒かったけれど、コーヒーおいしかった!


a0102794_1633650.jpg
平日の午後にもかかわらず、お客さんが2組来てました。
ママさんはスピをなでてくれ、珍しくスピもママさんの顔をペロリ。
今度また来る頃にはテラスもできて、さらなる進化をとげていることでしょう。

以前に訪れたときのことはこちらに↓
フェリーに乗って(10年位前)
フェリーに乗って・3(おととし)


帰りは金谷港からフェリーで久里浜へ。冬の甲板の寒さが身に凍みました。犬はケージに入れないと船室に入れないので、車の中で待たせた方がよかったかも。
[PR]
by saltyspeedy | 2012-02-16 18:04 | おでかけ
てのひらの宇宙
クルマが修理から帰って来たので、スピを連れてコナオさんの個展に出かけました。
最終日に間に合ってよかった。
a0102794_22362092.jpg
コナオさんの愛犬ポンポン(左)とライオン(右)はスピのラン仲間。

a0102794_2238926.jpg
自然光が差し込む気持ちのいい空間に、小さくてキラキラした作品たちが集っていました。

a0102794_22383591.jpg
3ワンズのミーティング風景。
スピ:「おぬしさいきんはこんなかんじか?」
ライオン:「へい。こんなかんじであります」
ポンポン:「スピってちょっとエラソウだよね」
とかなんとか。笑

こちらのギャラリーは妙本寺というお寺さんの山門内にあります(普通の住宅や幼稚園もあります)。

a0102794_2311721.jpg
参詣しよう。そうしよう。


a0102794_23154520.jpg
二天門の前でしばしフィトンチッドを浴びる(スピは足に、私はお腹に浴びるイメージ)。

a0102794_23143010.jpg
昨夜ひどい腹痛に見舞われたので朝から絶食してたのですが、結局何も飲み食いせずに鎌倉を後にしました。今はもう復活してますが、昨夜は久しぶりにいやな汗(脂汗?)をいっぱいかきました。でも、出かけていってよかったです。出かけたからこそよくなった気がします。コナオさんありがとうございました。

「てのひらの宇宙」作品のインスピレーションの大元は、ヘビおじさんがくれたクローバーの押し葉だったそうです。私も山の公園でそのおじさんを見かけたことがあり、その独自の風貌から「長虫屋」(ヘビやらを捕まえて漢方薬屋さんに卸す人)かなー?と勝手に思っていました。今の時代にそのような職業が存在するのかわかりませんが、何やらつげ義春の漫画に出てきそうです。

コナオさんは、ある日突然草むらから現れたそのおじさんから、小さなクリアケースに入った四つ葉をもらったのだそうです。信号を受け取ったのですね。で、コナオさんの作品もまた、それを見た誰かに何かをもたらすのでしょう。そのようなあたたかい循環を感じさせる作品展でした。
[PR]
by saltyspeedy | 2011-10-02 23:59 | おでかけ
ギガちゃんとラン
a0102794_15312928.jpg
爆走仲間のロニー&レッツと一緒に、ギガちゃんに会いに行きました。
ギガちゃんはレッツの同胎犬のオンナノコ。

まずは挨拶代わりの爆走から。
[PR]
by saltyspeedy | 2010-12-06 15:29 | おでかけ
IL Rifugio Hayamaの夕べ
6月にオープンしたばかりのIL Rifugio Hayama(イル・リフージョ・ハヤマ)は、一色海岸からほど近い住宅地にあるイタリアンレストラン。
a0102794_0838100.jpg
今日はKちゃんが車を出してくれたので、心おきなく飲めるのです。 ビバ!誕生日!!
本格イタリアンのディナーといってもコースメニューではなく、その日の仕入れによって変わるアラカルト料理を黒板から選びます。今日は4人なので、スプマンテでも飲みながら前菜をいっぱい並べてしまおう。
a0102794_1616932.jpg
「それ、おいしい?」 「おいしいよ」

今夜のメニューは何でしょう…
[PR]
by saltyspeedy | 2010-07-16 22:02 | おでかけ
一色海岸夕照
去年はきれいさっぱり忘れられていたのだが今年は誕生日をしてくれるというので、一色まで出かけた。ちょっと時間が早かったので、海岸を散歩。
a0102794_131679.jpg
おしゃれな海の家と並んで昔ながらの海の家も建っているので、ほっとする。
サーカスのテントかテキヤの屋台のような黄色と赤のピラピラした庇がいい。
うっかり、骨折以来履いていなかったミュールなんか履いてきてしまったものだから、
砂にうもれてしまってちっとも歩けない。仕方ないからこの場所で海をながめていた。
a0102794_12152330.jpg
では、そろそろむかいましょうかね。

[PR]
by saltyspeedy | 2010-07-16 18:00 | おでかけ
洋の東西を超えて
原久路さんの写真展「バルテュス絵画の考察 II」@gallery bauhausを観に行って来ました。画家バルテュスの代表作『美しい日々』をはじめとする絵画作品約20点を、モノクローム写真で「考察する」というちょっと異色の展覧会です。舞台は日本、モデルの少女はセーラー服姿ですが、大正ロマンの香り漂う洋館で、古い薬壜の並ぶ病棟で、天井に明かり取りのある手術室で、手足の角度から窓から差し込む光線にいたるまで緻密に作り込まれた世界は、時代や洋の東西を軽々と超えてイメージ世界を自在に行き来します。

画家が自然光のもとで描くことにこだわったように撮影もすべて自然光のみでおこなったそうです。写真に絵画的遠近法を取り入れるためにスモークを焚き、あるいは多重露光をし、画家の自画像である『猫たちの王』では写真家自ら学生服を身にまとい(三島由紀夫のようでした)『猫たちの友』となって登場するなど、あらゆる細部、それこそ学生服のしわ一つにいたるまで徹底したこだわりと美意識に満ちていました。

a0102794_112238100.jpg
        ↑バルテュスの絵と写真展で購入した絵はがき

おまけ「SALTY SPEEDY的バルテュス絵画の考察
[PR]
by saltyspeedy | 2010-05-15 22:13 | おでかけ
近藤ナオコ展@葉山芸術祭
a0102794_0233649.jpg
現在開催中の葉山芸術祭。この時期、葉山の町のあちこちで展覧会やワークショップが開かれています。近藤ナオコ(コナオ)さんは越境でお世話になっているドッグランのお仲間なのですが、犬仲間というのは実に不思議な関係で、毎日のように顔を合わせていても話すのは犬に関することばかりだったりして、飼い主同士はお互いの氏素性をまったく知らないということが往々にしてあります。はじめのうちはそれでも特に不自然ではないのですが、そうしていったん訊きそびれてしまうと、メールアドレスでも交換しないかぎり相手の名前を知る機会もないまま関係が続いていくわけですからヘンテコなものです。話がそれました。そんなわけでポンポンのお姉さん(と呼んでいた)=コナオさんが絵を描いていることも雑誌『湘南スタイル』で知ったのですが(笑)、サイトを拝見してHさんともども一瞬でファンになりました。「ぜひ実物が見たいねえ」と話しているところへタイミングよく今回の芸術祭。これは「(絵に)呼ばれたな…」ニヤリとしました。

続きを読む
[PR]
by saltyspeedy | 2010-05-08 22:58 | おでかけ
八景島リベンジ
a0102794_21592494.jpg
今年1月の八景島ではサーフコースターに乗れなかったHさん(高所恐怖症)。同じメンバー(サル友)に誘ってもらい、見事リベンジしてきました。それにしても…ゴールデンウィークの八景島を見くびっていました。渋滞は湾岸線幸浦出口手前から駐車場まで延々と続き、海の公園の砂浜は潮干狩り客のパラソルで埋め尽くされ、アトラクションの待ち時間も1月とは比べものにならないほど。ひいぃ〜。1日早いこどもの日と思ってひたすら耐える痩せ犬とホゴシャたちでしたが、夕方にはさすがに痩せ犬たちも疲労困憊して壊れ気味。皆さんお疲れさま&ありがとうございました。

キリギリスのように仕事をおっぽり出して遊んでしまったので、その後もキューキュー。年々仕事の手が遅くなり、目はショボショボするし集中力も続かなくなってきて困りますね。
[PR]
by saltyspeedy | 2010-05-04 22:54 | おでかけ
フェリーに乗って・4
ずいぶん日にちが経ってしまったので、いっそのこともうお終いにしてしまおうかとも思ったけれど、あと1回なのでおつき合い下さい。この日最後の目的は、浜金谷駅入口の店味はな海藻とろろラーメンを食べることだった。500円と安く素朴ながらおいしいラーメンで、以前金谷に来ていた時に、気に入ってよく食べていた。でも行ってみたら店が閉まっていてガッカリ。すっかり体がラーメンを食べる体勢になっていてこのまま帰るのも忍びないので、やっていた近くの食堂に入る。ここにも海藻ラーメンがあったから頼んでみた。
a0102794_15393970.jpg


続きを読む
[PR]
by saltyspeedy | 2010-04-04 18:25 | おでかけ