犬たちの未来のために 〜KDP 神奈川ドッグプロテクションのこと
a0102794_147387.jpg
ドッグランの帰り道、KDP 神奈川ドッグプロテクションのMayuさんをお見かけし、思わず車をUターンさせてお声をかけてしまいました。人に捨てられ、やむを得ず殺処分されてしまう犬たちに新しい家族を見つけるために、神奈川県動物保護センターから正式な承認を受け、ここ湘南国際村で保護活動を行っていらっしゃいます。この時はちょうど保護犬たちのお散歩中でした。

a0102794_149314.jpg
Mayuさんとお話しさせていただいていると、KDP代表の菊池さん率いるお散歩チームが合流。以前から時々このあたりをお散歩されているところをお見かけしていたのですが、最初の頃私は、カリスマペットシッターさん? 国際村では、留守中、犬をデイケアに預けたりするのかしら? などとトンチンカンなことを考えていたのです(恥)。それから色々調べているうちにKDPのことを知り、多頭のお散歩と犬の保護活動とが繋がりました。それから、日々の活動ブログDODGE VANで犬レスキューを拝見するようになり、神奈川県の犬保護の現状を知りました。

写真に写っているセター、ポインター、プロットMix、ハウンド系の犬たち……猟犬ですね。関東では千葉や茨城、神奈川も猟犬の遺棄が多いのです。

写真に写っている犬たちは一度は捨てられてしまった犬たちですが、見知らぬ怪しいオバサン(私)が近づいてもとても落ち着いていました。もちろん、お二人がきちんとコントロールされているから、こんなにたくさんの犬が一緒にいても落ち着いていられるのです(私も許可を得てから近づいています)。人懐っこく「なでて〜」と寄ってきてくれるような子や、控えめにじっと顔を見上げてくれる子、ちょっと怖がりな子など、個性は様々ですが、お散歩中の彼らはみんな生き生きとしたとてもいい表情をしていました。こんなにも生命力にあふれた犬たちが、人間の都合で捨てられ、新しい飼い主さんが現れなければ、ボランティアさんが引き出さなければ、殺処分されてしまうのです。

我が家は2頭目の犬は保護犬から迎えようと考え、色々な里親募集のサイトを見ているうちに、SALA NETWORKさんに保護されていたアリシャと出会い、縁あって家族になりました。ちょうど去年の今頃のことです。実を言うと、アリシャを迎える少し前、KDPさんに気になっている子がいたのですが、仕事の都合でじょうと会に行けず、ちょうど同じタイミングで新しいご家族が決定していました。その直後にアリシャと出会ったので、これが「縁」というものなのかなと思ったものです。犬を家族に迎えたいと考えている方、子犬からでなくても大丈夫です(…と言うか、むしろ成犬の方がラクです)! 保護犬を迎えることを考えてみて下さい。

神奈川県は全国でも殺処分数が少ない県です。センターの職員さん、ボランティアの皆さんがものすごく頑張って下さっています。ありがとうございます。この4月は、殺処分数0だったそうです! これは本当にすごいことだと思います。私も自分にできることを考え実行していきたいと思います。菊池さん、Mayuさん、本日はお散歩の途中にお引き止めした上、厚かましく写真までお願いしてしまいすみません。快くお受けいただきありがとうございました。

KDPでは、毎月第2・第4日曜日に「じょうと会」を行っています。
次回は、2013年5月26日(日) 10:00~12:00(午前中のみ)
湘南国際村ファミリーマート前広場にて(湘南国際村間門沢調整池 バス停前)
詳しくはHPをご確認下さい。
HOTDOGS!!(KDPブログ)
HOTDOGDAYS!!(mayuさんのブログ)
[PR]
by saltyspeedy | 2013-05-24 23:46 | 犬のこと
<< 公園でアジリティーに挑戦 幸せな犬の姿 >>